女の子「…眠れないしお酒買いに行ってこよ」

VIP SS
1: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:03:09.869 ID:ZOPJrEFQd

女の子「雨降ってる…面倒くさいなあ」

女の子「セ◯ンなら年齢確認はタッチするだけだから私でも買いに行ける」

女の子「さてみんなを起こさないようにして買いにいこう」

2: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:04:08.289 ID:ZOPJrEFQd

女の子「あーこんな日にお酒買いにいかなくてもいいのに…」

女の子「でも呑みたいし…」

女の子「あのふわふわした感じがいいんだよねー」

 

3: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:04:08.659 ID:B3r7q+0m0
不良の溜まり場

 

4: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:04:35.626 ID:zkW+lysa0
恐くて入りにくい

 

6: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:05:39.955 ID:ZOPJrEFQd

女の子「あっ…しまった」

女の子「鍵どうしよう…」

女の子「合鍵なんてお父さんかお母さんしか持ってないよ」

女の子「…ええい!少しだし平気でしょ!」

 

7: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:07:39.095 ID:ZOPJrEFQd

女の子「…」

女の子「寒いけど雨の感じもいいよね」

女の子「ふんふん♪」

女の子「夜の覇者みたい…ふへへ中二かな?」

女の子「なんか変なテンションなるなー」

 

8: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:08:54.824 ID:ZOPJrEFQd

女の子「夜の感じって不思議」

女の子「夜に犯罪者が犯罪するときの気持ちもこんな風なんかな?」

女の子「なんだろねw」

女の子「あっセ◯ン見えてきた」

 

9: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:10:28.702 ID:ZOPJrEFQd

女の子「誰もいないんだなーやっぱりなー」

女の子「気の抜けた店員の顔」

女の子「これこそ深夜」

女の子「さてお酒コーナーには何があるかな」

 

10: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:12:16.690 ID:ZOPJrEFQd

女の子「チューハイにしよか日本酒か」

女の子「わたしまだ子供なのにお酒なんか買おうとしてる…」

女の子「この背徳感を夜の闇が培養する」

女の子「ふひひ…びんびんするなあ」

 

11: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:13:15.025 ID:ZOPJrEFQd

女の子「日本酒にしようか」

女の子「二パックも買っちゃおう」

女の子「今日はでれんでれんに酔ってやるんだ」

女の子「みんなに内緒でね」

 

12: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:13:32.895 ID:NfI1RADb0
これはおさん

 

13: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:14:41.649 ID:ZOPJrEFQd

女の子「それにしてもセブンって高いなー」

女の子「これだからわたしスーパー派なのよねん」

女の子「でもパック酒はいいよね」

女の子「百円だもんね」

 

16: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:17:56.014 ID:ZOPJrEFQd

女の子「たった200円!これいい!」

女の子「か◯なり三代!旨し酒は代々飲み継ぐなり~♪」

女の子「さて会計済ませて帰ろう」

女の子「ふんふんふん♪」

 

17: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:19:22.566 ID:ZhHkUf1Ta
日本酒パックとか将来有望すぎ

 

18: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:19:51.051 ID:ZOPJrEFQd

女の子「最近ポケモン起動してないなー」

女の子「てか外で一、二回起動しただけだ」

女の子「ちょっとやってみるか」

女の子「うーん…傘持ってると操作しにくい」

 

19: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:22:29.153 ID:ZOPJrEFQd

女の子「うおおたっ!すっごいいっぱいいる!」

女の子「えええっ!なにこれ!あ…傘が…」

女の子「セブンには沢山わくのか」

女の子「いやこれはセブンで買い物をさせたいポケサイドの陰謀!きっとそう!」フンフン

 

21: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:23:55.904 ID:ZOPJrEFQd

女の子「もうちょっと遠回りして帰ろうか」

女の子「ポケモンいるかもしれないし」

女の子「夜の感じも好きだし」

女の子「不審者なんて出そうにない田舎だしね」

 

22: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:26:18.459 ID:ZOPJrEFQd

女の子「そういえばこんな時間なのに電気ついてる家もあるね」

女の子「だから妙に明るいし綺麗なんだ」

女の子「部屋の明かり…というより泥棒よけのやつかな?」

女の子「庭を照らしてるようなランプが多い」

 

23: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:28:30.475 ID:ZOPJrEFQd

女の子「やっぱりこんな夜更かししてるのなんて私くらいなんだ」

女の子「んん~!この感じいいよお~!」

女の子「さてもうそろそろ家だ」

女の子「家についたら冷蔵庫を漁ってなにかを摘まみながらお酒呑むんだ」

 

24: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:30:05.559 ID:ZOPJrEFQd

女の子「ふんふんふん♪」

女の子「玄関の電灯つけてきてよかった」

女の子「暗かったら靴脱ぐとき大変だったよ」

女の子「こんな夜中にはだれも注意する人間はいない」

女の子「お母さんもみんな夢の中…」

 

27: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:35:05.630 ID:ZOPJrEFQd

ドサッ!!

女の子「……?…った!」

女の子「なにか床に漏れてる?トイレの水かな??」

女の子「なによもうスッ転んじゃった汚いなあ」

女の子「えっ…これ…赤い…血??」

 

28: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:37:43.494 ID:ZOPJrEFQd

女の子は血溜まりから廊下の先に視線を移した

女の子「あっ……っ…!」

女の子「ぉ…か…ぁ…!」

びっくりした肺は息を吸い込もうとするばかりだった
肺は満杯になって動かない
心臓も破裂しそうなくらいのスピードで動く

 

29: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:39:49.388 ID:ZOPJrEFQd

そこにあったのは血まみれになったお母さんだった

女の子「あっ…あぁ…どどうしよう」

女の子「救急車」

でも女の子は行動を起こせなかった
力が抜けて動けない
やがて女の子のいる血溜まりに別の液体が混ざった

 

30: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:40:17.065 ID:yz9GLy3GM
パンツ脱いだ

 

31: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:42:23.874 ID:nAftJeHtr
違うそうじゃない

 

32: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:42:40.635 ID:ZhHkUf1Ta
は?

 

33: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:43:01.993 ID:ZOPJrEFQd

女の子「なんで?どうして?」

女の子は必死に考えた
お父さんがやったの?お兄ちゃん?
いやそんなはずはない

 

34: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:43:35.729 ID:ZOPJrEFQd

わたしみんなと喧嘩したけど仲いいもん!
お母さんもお父さんもみんな仲いいもん!

お父さんやお兄ちゃんがこんなことするわけない!
きっと!ぜったいそう!

 

35: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:43:48.964 ID:O68S0MLQ0
は?

 

36: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:44:31.646 ID:SnFhhlA80
は?

 

37: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:44:35.698 ID:si3pzqXn0
玄関開けるから

 

38: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:44:58.946 ID:ZOPJrEFQd

ガタガタ震えながら
お母さんだったものを見ながら
そう結論した

その時、すっと寒気がした

わたし…鍵閉めてこなかった…これ…みんな…わたしのせい?

 

39: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:48:36.302 ID:ZOPJrEFQd

女の子「おっ…おとうさ…」

そこまで声に出して女の子は目を見開き自分で口を押さえた

まだ泥棒が
強盗が殺人鬼が…まだいるかも…

廊下の先の部屋にまだいるかも…

お兄ちゃんお父さん死なないで…

 

40: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:52:12.869 ID:ZOPJrEFQd

女の子は口を押さえて廊下の先を見ていた

目は見開かれている

ガタガタと震えそうになるのをどうしても押さえられない

やがて廊下の先から人影が出てきた

 

43: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:53:23.213 ID:7rm6FinEd
エッチな展開じゃなかった

 

44: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 01:57:55.433 ID:ZOPJrEFQd

知らない人だった
右手にはなにかを持ってる

女の子「っ!…っっ!!…!!!」

本当は叫びたいのに
声にならない悲鳴が喉の真ん中辺りから捻り出されるだけだった

 

45: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 02:00:29.630 ID:ZOPJrEFQd

必死に逃れようと
後退りしようとしたけどダメだった

迫ってくるそいつを
ただ恐怖に支配された目で見ることしかできない

そいつはにんまりと笑って言った

「鍵、かけなきゃダメだよぉ?」

 

46: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 02:00:51.730 ID:ZOPJrEFQd
おしまい

 

47: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 02:01:41.384 ID:ZhHkUf1Ta
はじめの流れは何だったのか

 

50: 5ちゃん VIP 2019/03/07(木) 02:02:38.620 ID:vLbuRO8ya
ちくしょうほんのり徒然だと思ったのに

 

VIP SS

他サイトの気になる記事

VIPれ

コメント