VIP SS

VIP SS

妹(89)「ねぇねぇ、兄さんや」兄(93)「なんだい?妹さんや」

VIP SS

女「スーパーでポポーポポポポを歌うバイトをすることになった」

VIP SS

宿屋の主人「今夜は勇者様が宿泊するから全力でおもてなしするぞ!」妻・息子「応ッ!!!」

VIP SS

勇者「世界の平和を取り戻すぞ!」 仲間たち「「「「……」」」」

VIP SS

女子大生姉「わたしは妹大好きお姉ちゃん」 中学生妹「私もねーさん大好き妹ですよ」

VIP SS

勇者「俺は強すぎて逆に戦えない」 魔王「あいつ怒らせれば効率よく世界滅ぼせね?」

VIP SS

妻「あなたの口臭いからガスマスクつけてもいい?」夫「ひどすぎないか!?」

VIP SS

ナランチャ「なあ、アバッキオを早く治せよ!?治せるんだよなあ、ジョルノォ!!」ジョルノ「ええ、簡単ですよ」ブチャラティ「えっ?」

VIP SS

盲目少女「私の盲導犬が獰猛すぎる」盲導犬「ガオオォォォォォォォン!!!」

VIP SS

少女「東の森には恐ろしい魔女がいるんだよ……!」 幼馴染「見つからなければ平気でしょ」

VIP SS

女「最近視線を感じるんだよね」幼馴染「え?」

VIP SS

暗殺者「……」女「銃にサイレンサー付けてるからって無口にならないでよ!」

VIP SS

腹話術師「死体を使って腹話術をやれ!? 無茶ですよそんなの!」

VIP SS

勇者「おっ、こんなところに武器屋がある。興奮してきたな」

VIP SS

レッド「旅に出たけどモンスターボールが当たらない…」

VIP SS

キョン「ハルヒ。俺、好きな子がいるんだ」

VIP SS

コナン「俺の行く先々で殺人事件が起こるから、いい加減殺人が起きない場所に行きてえ」

VIP SS

ネネ「最近、しんちゃん家、様子がおかしいのよねぇ」

VIP SS

男「とんでもない量の偽札を作っちまった……!」

VIP SS

勇者の息子「勇者だったオヤジがあまりにみっともないから家出したら不思議な出会いをした」