小説の冒頭って書くの難しすぎね?

1: 2019/05/27(月) 23:13:13.223 ID:aYj4XrdS0
なんかコツあるんだろうか
冒頭だけは何度書き直してもしっくり来ないわ

3: 2019/05/27(月) 23:14:24.272 ID:sACPj45k0
先に話を進めて、後で見直すと上手く行くって、じっちゃが言ってた

 

5: 2019/05/27(月) 23:16:25.313 ID:aYj4XrdS0
>>3
もう完結させた作品の冒頭を書き直してるけどどんどん変になっていって収集つかなくなる感じ

 

14: 2019/05/27(月) 23:22:38.119 ID:sACPj45k0
>>5
妥協必要だろ
話の芯がぶれてるんじゃないのか?

 

4: 2019/05/27(月) 23:14:40.836 ID:aYj4XrdS0
短編や中編だと冒頭の見栄えありきで書けるから楽なんだけど
練りまくった長編だと設定のせいで展開が制限されたり伏線仕込もうとしたりしていつも自爆する

 

8: 2019/05/27(月) 23:18:06.904 ID:aYj4XrdS0
情報開示しつつストーリー進ませつつ作品の方向性と魅力を端的に伝え
なおかつ独りよがりにならないように気をつけるのが難しすぎるわ

 

13: 2019/05/27(月) 23:21:08.315 ID:pkP2SJ/30
最初のイメージは最後のイメージと真逆な
成長前の主人公を象徴するものにすると良いって脚本の本で見た

 

15: 2019/05/27(月) 23:22:50.999 ID:gRdrgyij0
ありとあらゆる小説読みまくれよ。ボキャ貧なだけやん。

 

16: 2019/05/27(月) 23:23:15.511 ID:aYj4XrdS0
昔書いた作品を改稿しようとしたけど、初期構成自体が悪いせいで
イマイチ盛り上がりに欠けるシーンから書き始めないとオチが成立しなくなるという構造上の欠陥を抱えていて詰んだ

 

21: 2019/05/27(月) 23:26:38.341 ID:jzGUNY6k0
三行くらい本編に至る経緯と歴史で書き始めると賢そうに見える

 

22: 2019/05/27(月) 23:28:49.944 ID:nwmzBrz60
「冒頭20ページを削除したものを完成品にしろ」という箴言があってな
大抵の場合、冒頭や導入なんてものは読者には一ミリも求められてないくそつまらんものなのだ
>>21
超テンプレの典型的クソ駄作冒頭じゃねーか

 

38: 2019/05/27(月) 23:48:42.995 ID:96Z8aBCed
自分の読んで欲しい層を意識するのがいいかもね
なろうで読んで欲しいならなろうで受ける文にしないと

 

VIP 趣味

他サイトの気になる記事

VIPれ

コメント